占ってみる
 » 
 » 
仕事運

仕事運を上げる方位と、その意味

仕事運を上げる方位ですが、まずはなんといっても家の中心です。
家の中央は、すべての運勢を上げ、育てる場所です。
ですので、家の中心は常に整理整頓を心がけ、キレイにしておくことが必要です。


また、東は成功運や発展運を意味し、北西は事業運や社会運を意味します。
南西も仕事運に影響がある方位で、ここに仕事部屋があると仕事がうまくいきます。
基本的に仕事運は木の性質を持っており、南西は土の気を持っているため、相性が良いです。

当たると話題の占いで2017年を最高の一年にしよう!

さっそく占ってみる

寝室は仕事運でも特に重要なポイント

一見、なんの関係もないように見える寝室も、実は仕事運にとっては大事な場所です。
睡眠はすべてに影響しているのはもちろんですが、日々の疲れを癒すことができなければ仕事運に大きく影響します。


特に重要なポイントは、枕の位置。
仕事運を上げたい場合は、北枕で寝るのが良いとされています。
反対に、南枕、西枕は熟睡を妨げ、仕事運を低下させることになるので注意しましょう。


他にも、よく言われていることですが寝室に鏡を置くのは風水ではNGです。

睡眠は水の運気、起床は木の運気

最後に、睡眠の時間のバランスを取ることで、仕事運を上げる方法を記載します。


風水では睡眠は水の運気、起床を木の運気としており、23時~1時の間に就寝し、5時~7時の間に起床することでバランスが取れるとしています。


仕事運が強い人は、このバランスを知らない間に取っている方が多く、逆に仕事運が悪い人は、こうした睡眠のバランスを取ることによって仕事運を上昇させることができます。


ちなみに、23時~1時は子の刻、5時~7時は卯の刻としており、これは江戸時代まで日本でも使われていた呼び方です。

2017年の運勢を占ってみましょう

2016年の運勢はチェックしましたか?さらに詳しく占ってこの年を最高のものにしましょう!
簡単なプロフィールを入力して
初回無料の診断を試してみてください!